財務ハイライト

(1)財務指標

■営業利益率

営業利益率

13.9%とほぼ同水準で推移
売上増収と安定的な収益構造により、営業利益は100億円を突破

■自己資本比率

自己資本比率

40.1%と財務基盤は改善
第2種優先株式の消却実施により自己資本は一時的に減少も、着実な当期純利益の積み上げにより、自己資本比率は40%台まで改善、自己資本比率は前期末の28.9%から大きく改善

■ROE(自己資本利益率)

ROE(自己資本利益率)

ROEが減少するも依然として高水準を維持
有利子負債圧縮により財務レバレッジが低下、財務の安全性及び収益性は高まるも資産効率は横ばいで推移

■ROA(総資産経常利益率)

ROA(総資産経常利益率)

13.7%とほぼ同水準で推移
期中平均総資産及び経常利益の両指標が増加したことで、ROAは前期とほぼ同水準を維持

■レバレッジレシオ

レバレッジレシオ

0.5倍とほぼ同水準で推移
純有利子負債残高は前期比で微増するも、安定的な収益力維持によりレバレッジレシオは0.5倍と同水準で推移

■DEレシオ(負債資本倍率)

DEレシオ(負債資本倍率)

0.3倍とほぼ同水準で推移
純有利子負債残高の微増も、自己資本の積み上げによりDEレシオは0.3倍と同水準で推移

(2)業績主要指標

DEレシオ(負債資本倍率)

決算補足資料もあわせてご覧ください。