USENとムラサキスポーツ、店内放送を利用した
「おもてなしガイド」の活用について実証実験を開始

店内放送のインバウンド対応、バリアフリー化支援

2016年06月15日
株式会社 USEN
株式会社ムラサキスポーツ

株式会社USEN(本社:東京都港区、代表取締役社長:田村公正、以下「USEN」)と、株式会社ムラサキスポーツ(本社:東京都台東区上野、代表取締役社長:金山元一、以下「ムラサキスポーツ」)は、ムラサキスポーツ店舗にて、お店の情報をお客様のスマートフォンに文字で多言語表示するヤマハ株式会社が開発した音のユニバーサルデザイン化支援システム「おもてなしガイド」の活用について、2016年6月15日より実証実験を行います。

 今回の実証実験は、ムラサキスポーツ原宿明治通り店で行います。来店されたお客様が「おもてなしガイド」を利用し、店内BGMをスマートフォンに取り込むことで、店舗が発信する情報を日本語および多言語に翻訳されたテキスト情報として確認することができます。
 本取組みは、今後、障害者差別解消法に基づき、聴覚障がい者やお年寄りの方にテキストで情報をお知らせし、健常者の方と同じ様に情報を取得いただけるようにすること、また、訪日外国人の方に対しても、母国語もしくは英語にて情報を発信することにより、外国人観光客の利便性向上につなげていくことを目的としています。

 USENは、音のユニバーサルデザイン化支援システムを推進し、ムラサキスポーツは、外国人観光客に人気の原宿明治通り店をインバウンド対策の先進店舗として位置づけ、日本語を含む多言語文字情報を発信することで、ご来店されたすべてのお客様が安心・快適にショッピングを楽しむことができる、すべての人にやさしい社会づくりに貢献していきたいと考えています。

 なお、今回の実証実験は「おもてなしガイド」をスポーツショップ業界に導入する初めての事例となります。

実証実験の概要

対象店舗
ムラサキスポーツ原宿明治通り店
期間
2016年6月15日~
対象者
日本を訪れた外国人の方
聴覚に障がいをお持ちの方、耳が聞こえづらくなった高齢の方など、従業員との会話に不自由を感じられると思われる方
提供情報
ライフスタイルの提案
おすすめ商品の案内

「おもてなしガイド」アプリ概要

「おもてなしガイド」
店内BGMに隠された信号を受信し、店舗からの情報を文字情報としてお手持ちのスマートフォンに表示・確認できるアプリケーション。
・対応環境:iOS7.0以降対応
 ※App Storeから無償ダウンロード可能
 ※Android版は開発中
・対応言語:日本語、英語、中国語(簡体字・繁体字)、韓国語
・「おもてなしガイド」ウェブサイト ⇒ http://omotenashiguide.jp/

参考

ヤマハ株式会社とUSENの取り組みについて
http://www.usen.com/news/cms_data/news/images/2015/20151015_47_19.pdf

●「おもてなしガイド」「おもてなしアプリ」「音のユニバーサルデザイン」「OMOTENASHI GUIDE」「Sound UD」は、ヤマハ株式会社の登録商標です。
●そのほかの文中の商品名、社名などは当社や各社の商標または登録商標です。

お問い合わせ先

【株式会社USEN】
報道関係者からのお問い合わせ先
広報担当:清水さやか
TEL:03-6823-7012 FAX:03-6741-4613
E-mail:public-relations@usen.co.jp
企業の方、一般の方のお問い合わせ先
USEN SOUND Lab. 担当:北澤伸二、林英文
TEL:03-6823-7707 FAX:03-5785-8979
E-mail:sound_lab@usen.co.jp

【株式会社ムラサキスポーツ】
担当:弓木和郎
TEL:03-5806-1223 FAX:03-3842-3428