USEN Register(Uレジ)についてお電話でのお問合せは、0120-117-440 年中無休 9:00-22:30

【 お急ぎの方はお電話にてお問い合わせください】

USEN Register(Uレジ)についてお電話でのお問合せは、0120-117-440 年中無休 9:00-22:30
このページを閉じる「close」

【 Webからのお問い合わせはこちら】

このページを閉じる「close」

クラウド型POSシステムの導入で
効率化&コストの削減を!

クラウド型POSシステムの導入で効率化&コストの削減を!
クラウド型POSシステムは、日々の売上データを自動で集計し管理することが可能です。また、連携サービスを利用することで、会計帳簿も自動で作成することができます。ここでは、クラウド型POSシステムのメリットを解説いたします。ぜひ導入の参考にご活用下さい。
  1. twitter
  2. facebook
クラウド型POSシステムでできること

- クラウド型POSシステムでできること -

そもそも、POSシステムとは

POSシステムの正式名称は「Point of sales」=「販売時点情報管理」。その特徴を端的に表現すると、「レジの売上・顧客情報などのデータを即共有できるシステム」です。

レジをネットワークに繋げることで、売上に関する情報を、即座に、正確に、そして効率的に集約することができます。また、あらかじめ商品情報を登録でき、レジの使用記録も残せる機能があることも特徴です。そのため、金額の打ち間違いなどのミスや、会計のごまかしなどの不正を防止することも可能です。

クラウド型POSシステムとは

POSシステムのリアルタイムの売上分析など便利な機能を備え、飲食店で導入が進んでいるPOSシステム。その中でも特に注目が集まっているのが、「クラウド型POSシステム」です。
クラウド型は、専用のハードウェアやソフトウェアの購入をする必要がありません。インターネットを使える環境であれば、自由にデータや機能を使えます。

クラウド型POSシステムではないサービスの例

POSシステムは、クラウド型以外にも「据え置き型」のシステムもあります。専用のレジ端末やケーブルの設置、システムのインストール、さらにデータを集積するためにサーバーの構築などが必要です。
また、据え置き型であるため、設置スペースの確保も必要です。このような特性から、高機能でありながら、導入コストが高くなってしまうという点がネックでした。そのため、従来型のPOSシステムは大手小売店などでの導入が中心でした。

一方、クラウド型POSシステムは、こうした据え置き型が持っている課題を解決し、さらに使いやすいサービスを目指して開発されています。そのため、これまでPOSシステムの導入をためらっていた飲食店でも、具体的に検討することができるでしょう。

クラウド型POSシステムの特徴

クラウド型POSシステムは、その名のとおり「クラウドサービス」を利用したシステムです。クラウドサービスでは、データをネットワーク上に置くことで、手軽に共有することができます。
クラウド型POSシステムは、専用のレジ端末ではなくタブレット端末やハンディ端末などをデバイスとして利用することができます。そのため、従来のPOSレジと比較すると、コストが低く、設置の負荷も少ないため、より手軽に導入を検討できるようになっています。

店舗経営における課題と解決方法

- 店舗経営における課題と解決方法 -

POSシステムとクラウド型POSシステムの特徴は上述の通りです。しかし、実際に導入することによる、店舗運営でのメリットがよく分からないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。まずは、導入する前に、多くの店舗責任者や経営者が抱える課題と、クラウド型POSシステムで解決できる方法を見てみましょう。

データ集計と売上管理

正確な売上データを日々集計・管理し、状況を把握することは、そう簡単なことではありません。また売上管理だけでなく、メニューの情報変更やクーポンなどの値引き金額など、管理しなければならない情報は多様にあり、手動で行うには相当な手間がかかります。

クラウド型POSシステムであれば、メニューの販売価格や原価など、情報の変更を簡単に行うことが可能です。また、クラウド上にリアルタイムでデータを集計・管理できるため、手動で管理をする手間を省け、正確なデータが自動で管理できます。

オーダーと会計業務

テーブルごとに注文を取り、管理しなければならない飲食店では、伝票の書き間違いなど、伝達ミスも考えられます。上手くオーダーが伝達できなければ、その後の会計時もスムーズに行えず、結果的に人件費の高騰に繋がります。

クラウド型POSシステムと連携する、オーダーエントリーシステムで解決できます。オーダーエントリーシステムは、フロアスタッフが注文を受けるハンディ端末で、受けた注文は厨房やレジ本体に反映されます。
例えば、テーブルで直接注文を受ける際、あらかじめ登録しておいたメニューを選んで入力できるので、オーダーミスを防ぐことが可能です。受けたオーダーは厨房のプリンターから印字されるので、厨房に伝える手間が省け、ホールスタッフの人件費の削減にも繋がります。また、POSレジに自動で反映されるので、会計時はテーブルを選択するだけで合計金額を算出できます。業務の効率化に役立つといえます。

分析データの伝達遅延と集計ミス

店舗で売上データの集計・分析をしていても、分析の担当者や経営者しか把握していない、ということも現場によくある悩みではないでしょうか。分析データを元に迅速に店舗改善が行えず、せっかくの商機を逃してしまうことにも起こりかねません。
また、客層や客単価、売れ筋商品の分析は、その後の経営戦略を大きく左右します。しかし、これらの作業は綿密な準備がないと、必要以上に時間がかかることも事実でしょう。複数店舗のデータを集計・分析する場合はさらに時間がかかり、複数のデータを扱う為、集計ミスも起こりやすくなります。

クラウド型POSシステムは、クラウド上に集計されたデータが自動で蓄積されるので、インターネット環境があれば、タブレットやスマートフォンのブラウザから、データを直接閲覧・確認することが可能です。そのため、外出先からでも店舗の売上情報をリアルタイムで確認することができます。
売上情報だけでなく顧客情報なども蓄積されており、サービスのクオリティ向上などにも繋げられます。また、複数店舗であっても正確なデータを自動集計しクラウドに蓄積できることも、クラウド型POSシステムの特徴のひとつです。

システムの導入費用や維持費のコスト

新たにシステムを導入するには、相応のコストが発生します。特に従来型の据え置き型のPOSレジは、場合にもよりますが、機材一式を入れ替える必要もありました。また、サーバやシステム構築などインフラ費用がかかることも想定しておく必要があり高額な導入費が懸念されます。

クラウド型POSシステムは、据え置き型の専用レジだけでなく、タブレット端末やハンディ端末などのスマートデバイスに、アプリやソフトをインストールして利用することができます。そのため、機材の導入にかかるコストを大幅に削減することが可能です。
スマートデバイスは設置スペースを取らず、無線ネットワークで繋げるので、配線を気にせず増設も簡単に行えます。また、スマートデバイスであれば、店舗経営に充分な機能を備えていながら、直感的な操作画面なので店舗スタッフもすぐに操作方法を習得できます。

まとめ

クラウド型POSシステムは、優れた売上管理機能で、経営者・管理者がこれまで抱えていた課題を解決できます。また、拡張性の高さもクラウド型POSシステムのメリットと言えるでしょう。これまで紹介してきた機能以外にも、様々な連携機能を追加することができます。例えば、POSシステムに会計ソフトや勤怠管理ソフトと連携させることもできるので、売上の管理だけではなく、帳簿作成や給与計算も簡略化することが可能です。
クラウド型POSシステムは業務の改善や効率化など、様々な効果が期待できます。店舗経営の効率化を目的に、クラウド型POSシステムの導入はおすすめです。

  1. twitter
  2. facebook

多機能×低価格飲食店向けのタブレットPOSレジ

導入をお考えの方は
こちら

【 Webからのお問い合わせはこちら】

【 お急ぎの方はお電話にてお問い合わせください】

USEN Register(Uレジ)についてお電話でのお問合せは、0120-117-440 年中無休 9:00-22:30
無料!資料請求・お問合せはこちら
このページのトップに戻るこのページのトップに戻る