Uレジ FOODについてお電話でのお問合せは、0120-117-440 年中無休 9:00-22:30

【 お急ぎの方はお電話にてお問い合わせください】

Uレジ FOODについてお電話でのお問合せは、0120-117-440 年中無休 9:00-22:30
このページを閉じる「close」

【 Webからのお問い合わせはこちら】

このページを閉じる「close」

POSレジを始めとする、様々なレジを徹底比較!

POSレジを始めとする、様々なレジを徹底比較!
飲食店や小売店などで使われている、主に会計機能を持つレジには様々な種類があり、大きく「機器レジ」「専用POSレジ」「タブレットレジ」の3種類に分けられます。ここでは、それぞれの特徴とメリット・デメリットを紹介します。
  1. twitter
  2. facebook
業種に合わせてレジの種類を選ぶ

- 業種に合わせてレジの種類を選ぶ -

機器レジとは?

機器レジとは、ガチャレジやメカレジなどと呼ばれる従来型のレジのことを指します。商品の会計のみを行うシンプルなレジで、基本的には電卓と同じように入力した金額を計算するシンプルな機能のレジです。レシート印刷機や、キャッシュドロワ(現金の収納個所)などのオプション品が付属しているタイプが一般的です。また一部の機種では、商品の金額などをあらかじめ登録しておけるものもあります。

【機器レジのメリット】

・導入の費用がさほどかからないため、コストを抑えられる
・小規模店舗には十分な機能がある
・簡単な商品登録であれば可能な機種もある

【機器レジのデメリット】

・商品別のデータ管理ができず、別店舗と売上情報を統合することもできない
・手動で入力するものが一般的なため、誤入力が発生するリスクが高い
・不正行為を防ぐ機能がないので、売上管理を厳格に行う必要がある

機器レジは構成がシンプルなので、導入費が安価でデータ更新等もなく、最低限のコストで運用することができます。そのため、個人で管理する店舗など、使用するスタッフが限られていて、商品数が少ない環境であれば十分な性能であると言えます。しかし店舗の運営環境によっては、デメリットやリスクも高く導入には不向きな場合もあります。

専用POSレジとは?

見た目の形状やオプション品などは機器レジと変わりませんが、内蔵されているシステムが異なります。最大の違いは、データ管理が可能な点です。商品ごとの細かい情報を登録することができ、商品名や金額、分類や管理コードなどの情報を割り当てることが可能です。そのため、商品の情報管理や、個別の売上情報を子細に確認することができます。
また、商品情報だけではなく、顧客情報を管理することで客層の分析、スタッフの勤怠管理やレジ対応スタッフの履歴確認なども可能です。さらに一店舗だけではなく、複数店舗のレジと連携させることができ、店舗ごとの売上などをグラフ化して比較するなど幅広い分析も可能です。

【専用POSレジのメリット】

・商品の売上データを細かく管理・収集できる
・複数の店舗のデータをまとめて管理できる
・顧客情報の管理も可能
・金額が登録できるので、会計ミスや不正を軽減できる

【専用POSレジのデメリット】

・初期費用だけでも100万円を超える場合もあり、導入のコストが高額

従来型の機器レジと比べて、取り扱い商品やメニューが多くても管理しやすいこと、売上管理に関しても高機能であり、売上データの収集から分析も可能です。複数の店舗を展開しているスーパーやコンビニなどといった小売業などで広く導入されています。
デメリットとしては、多機能である分、シンプルな機器レジと比べると、専用端末の導入コスト、保守・点検などの運用コストともに高額になることがデメリットと考えられます。

タブレットPOSレジとは?

タブレットPOSレジも専用POSレジと同様に、POSシステムを導入したレジのことです。異なる点は、iPadなどのタブレット端末にPOSシステム用のアプリケーションをインストールして使用する点です。そのため、専用のレジ端末の導入に比べ、コストを抑えられることが最大のメリットと言えます。またプランの内容、周辺機器も細かく選びやすく、店舗に合わせたカスタマイズができる点も導入コストを抑えやすい理由になっています。
コスト面だけではなく、タブレットがレジ本体になるので設置場所も選ばず、シンプルなデザインで操作がしやすいというメリットもあります。またクラウド上でデータを管理するため、店舗にいなくてもデータを確認することができます。

【タブレットPOSレジのメリット】

・売上データや複数店舗のデータを細かく管理・分析できる
・顧客情報の管理も可能
・クラウドサーバにデータが保管されるのでリアルタイムでどこからでも閲覧可能
・高機能なのに導入費用が安価に抑えられる

【タブレットPOSレジのデメリット】

・インターネット環境が必要
・持ち運びができるため盗難には注意が必要

高機能でありながらコストが抑えられるため、開業店舗に限らず導入が増えているレジです。またフロアスタッフが注文を行うハンディー端末や来店客が直接注文を行うテーブルオーダーなどの連携サービスも充実していることから、飲食店などで特に導入が進んでいます。例えば、飲食店内などで注文を受ける場合、ハンディー端末からオーダー情報を送信することで厨房のプリンターからオーダー内容が印刷され調理を開始することができ、飲食店における業務効率化が図れると言えます。

レジの種類別比較のおさらい

- レジの種類別比較のおさらい -

レジの種類によって、機能や価格が大きく異なるので店舗に応じたレジを選ぶ必要があると言えます。改めてレジの種類別にそれぞれのメリットを比較してみましょう。

  機器レジ 専用POSレジ タブレットPOSレジ
費用 導入コストが安価 専用端末が必要なため、導入コストが高い 周辺機器をカスタマイズすることで比較的安価で導入可能
データ管理 管理機能は未搭載 管理機能搭載 管理機能搭載
外出先からブラウザで閲覧も可能
操作性 手入力のため会計ミスが起きるリスクが高い 登録商品を選択するので入力ミスは起きにくいが、スタッフのトレーニングは必要 シンプルなデザインで使いやすく、操作も簡単
どのレジを導入したらいい?

- どのレジを導入したらいい? -

今開業準備を行っている場合、機器レジではなくタブレットPOSレジの導入がおすすめです。タブレットPOSレジは数百種類以上の商品やメニューの登録・管理が可能であり、さらに追加や変更も簡単です。また周辺機器や関連サービスも充実しているので作業効率を上げることができ、時間的・人的コストを抑えることができます。普段使い慣れているタブレットであれば、新人スタッフへ簡単なトレーニングを行うだけですぐに使いこなすことができます。

タブレットPOSレジは、専用POSレジと比べても遜色ない高機能を備えていながら、安価で導入が可能です。これから開業するにあたってレジを導入する方、あるいは業務の効率化を図りたいオーナー様は、ぜひタブレット型POSレジの導入を検討してみてください。

まとめ

クラウド型POSシステムは、優れた売上管理機能で、経営者・管理者がこれまで抱えていた課題を解決できます。また、拡張性の高さもクラウド型POSシステムのメリットと言えるでしょう。これまで紹介してきた機能以外にも、様々な連携機能を追加することができます。例えば、POSシステムに会計ソフトや勤怠管理ソフトと連携させることもできるので、売上の管理だけではなく、帳簿作成や給与計算の業務も簡略化することが可能です。
クラウド型POSシステムは業務の改善や効率化など、様々な効果が期待できます。店舗経営の効率化を目的に、クラウド型POSシステムの導入はおすすめです。

  1. twitter
  2. facebook

多機能×低価格飲食店向けのタブレットPOSレジ

導入をお考えの方は
こちら

【 Webからのお問い合わせはこちら】

【 お急ぎの方はお電話にてお問い合わせください】

Uレジ FOODについてお電話でのお問合せは、0120-117-440 年中無休 9:00-22:30
無料!資料請求・お問合せはこちら
このページのトップに戻るこのページのトップに戻る