USENの店舗DX お店に夢中になる時間を、もっと。 USENの店舗DX お店に夢中になる時間を、もっと。

店舗DX導入エピソード | 事例.005

初めて「お客様のために何ができるか」を考え、
それを届けられる楽しさを実感しています

STANLEY DINING

STANLEY DINING:メイン画像

金沢駅から徒歩1分に新設された複合施設「クロスゲート金沢」の2階にあるチーズ料理専門店『STANLEY DINING』。施設オープンと同時に開業したこの店舗では、店舗で働くスタッフの業務負担を減らし、自分たちで店舗を創っていってほしいという思いからオーナーさんがタブレットPOSレジ、キャッシュレス決済、モバイルオーダーシステムなどをオープン時に一括で導入。作業のしやすいオペレーションなど、DXサービスを導入したことで得られた効果やメリットについて、実際に店舗で働いているスタッフの八万さんにうかがいました。

導入サービス

  • 通信USEN光 Plus
  • 通信U-SPOT
  • POSレジUレジ FOOD
  • オーダーシステムUレジ HANDY
  • オーダーシステムUレジ Mobile Order
  • キャッシュレス決済Uペイ
  • キャッシュレス決済UペイQR
  • 店舗BGMSOUND PLANET-i
  • グルメメディアヒトサラ

オーダー業務の負担が減り、お客様に気を配れる店舗DX

『STANLEY DINING』ではオープン時から、タブレットPOSレジの「Uレジ FOOD」や モバイルオーダーシステムの「Uレジ Mobile Order」などのDXサービスを導入しています。オーナーが私たちスタッフの業務負担を減らせるようにと、店内のDXを推進してくれたおかげでさまざまな面で助かっていて、その中でも一番負担が減ったと感じた部分は、オーダーから会計にかけての一連業務です。

以前、私が働いていた店舗では、とにかくすべてがアナログでした。お客様が「すみません」と大きな声でスタッフを呼んで、スタッフが席まで注文をうかがいに行くオペレーションだったんです。
店内が落ち着いているときは、特に問題ないのですが、混みあってきたときやホールを一人で対応しないといけないときは本当に大変だったことを覚えています。注文をうかがっている最中に後ろから「すみません」と呼ばれるのですが、今対応している注文で精一杯だったので「お待ちください」とも言えずお客様をお待たせしてしまうことが多々ありました。それに、ドリンクの注文でよく起こることなのですが、お客様自身が何を頼んだのか忘れてしまったり、スタッフを呼ぶ声が聞こえたので、その席にうかがうとすでに他のスタッフが対応していたり…。こういうことが積み重なっていたのでストレスが溜まる一方でしたね(笑)。

「Uレジ Mobile Order」を導入している当店では、お客様自身のスマートフォンからご注文いただけるので、注文のために私たちが席にうかがう必要がありません。それに注文した履歴をお客様自身で確認いただけるので、確認のためだけにスタッフを呼んでいただく必要もなくなりました。こういった注文時の負担がないことで、少人数体制でホールが手薄になりがちなときでも、料理の提供時や皿を下げる際にドリンクやスイーツをおすすめするなど余裕を持った対応ができるようになりました。オーダーシステムを取り入れるだけでこんなにも負担が減り、お客様への対応に余裕が生まれるのかと驚愕しました。
加えて、特に良いなと思った点は、「Uレジ FOOD」と「Uレジ Mobile Order」が連動していることです。お客様が頼んだものがすべてレジへ情報連携されるため、レジで金額を打ち込むことがなく、スムーズに支払い業務ができます。女子会でご利用いただくことが多い当店では、割り勘での支払いを希望されることも多くあります。その際にレジが自動的に一人分の金額を算出してくれるので間違える心配がありません。お客様自身のスマートフォンの画面で支払い額が把握できるので、レジに向かうまでの間に支払いの準備をしていただけることが増えました。その結果、支払いのために並んでお待ちいただくこともなくなりましたし、お支払いいただいているお客様を急かしてしまう心配もありません。我々スタッフの利便性が向上しただけでなく、お客様に対しても自然と気配りができることはとてもありがたいですね。

STANLEY DINING:イメージ画像1

直感的な操作性だからこそ接客を重視できる新人教育が実現

USENのDXサービスによって、新人スタッフの教育に要する時間の使い方を考えられるようになりました。オーダー業務や会計業務は、システムの操作が主になるので、私たちスタッフはその操作方法を覚えなければなりません。通常、覚えるのに一定時間を要すると思いますが、USENのDXサービスは直感的な操作性なので新人スタッフでもすぐに覚えることができます。みんなスマートフォンをプライベートでも使用していることもあり、使い慣れるのが早いんですよね。それでも分からないところがあれば、USENの24時間対応のコールセンターでサポートしてくれるため安心しています。ですので、タブレットPOSレジなど機器類の使い方に関する教育にかかる時間は格段に削減することができました。その分、メニュー内容を覚えてもらったり接客に慣れてもらったりといった接客の質を上げるための教育を重点的に行うことができています。

STANLEY DINING:イメージ画像2

店舗で役立てていることが楽しさに繋がる

DXサービスの導入によって、さまざまな面で負担が軽減されたため、スタッフみんなで新メニューの考案や告知方法など店舗運営に関する話し合いの機会が多くなりました。
こういった話しができるようになった理由は、「Uレジ FOOD」の分析画面が見やすいことにあります。日ごとや月ごと、メニューごとなどの売上が数字だけではなくグラフでも読み取れるためすぐに状況が把握できます。
集計結果から日々の傾向が見えてくるので、グラフを見ているだけでも面白いんですよね。
この集計結果から、「こうしたら喜んでくれるんじゃないか」とか「売上が伸びるには?」といったことをスタッフ一人ひとりが自然と考えるようになってきて、いつの間にかそういったことをスキマ時間で話し合うことが多くなったんです。
話し合いを続けていくうちに、今まで新メニュー開発などの運営業務全般を行っていたシェフでもある店長から、その業務の一部を任せてもらえるようになりました。お客様の反応を直接感じることができる私たちが分析データを用いてアイデアを出し合い、それらを店長へ提案しています。告知方法もSNSなどを利用して、新メニューができたタイミングなどで率先して投稿するようになりました。こういったことを積み重ねた結果、少しずつではありますが、お客様からうれしいお言葉をいただく機会が増えてきました。店舗運営に積極的に介入することで、自分たちのアイデアが形になってお客様のもとに届くようになる。スタッフの私たちでも店舗やお客様のために考えられることがあるんだ、と発見がありましたし楽しさも感じています。
これからもDXサービスを有効活用して店舗やお客様のための時間を増やしていきたいです。

STANLEY DINING:イメージ画像3
STANLEY DINING:店舗画像

STANLEY DINING

個性豊かなチーズの魅力を味わえるチーズ専門店。店内はシックで落ち着いた空間が広がり、駅近という利便性も相まって、女子会からお一人様まで幅広い層の人気を集めています。

URL
https://ore-sc.jp/crossgate-kanazawa/shop/detail/stanley-dining/
住所
石川県金沢市広岡1-5-3 クロスゲート金沢2F