話題のホテル“変なホテル舞浜東京ベイ”にアルメックス製品を導入

ホテルフロント業務の自動化・効率化を促進するシステムソリューションをご提供

2017年03月16日
株式会社 USEN

 株式会社 USENの子会社である株式会社アルメックス(東京都港区:代表取締役社長馬淵将平、以下「アルメックス」)は、平成29年3月15日(水)に開業した「変なホテル舞浜東京ベイ」において、ホテル向けソリューションサービスを導入いただき、本ホテルフロント業務の自動化・効率化の更なる促進を図ります。

 ロボットが働くホテルとして世界ギネス®に認定されている「変なホテル」は、2015年7月にハウステンボスにオープンし、その革新性から国内外の多くのメディアに注目されており、お客様からの高い支持を受けております。
アルメックスが展開する“ホテルスタッフの業務効率化”や“宿泊者の利便性向上”を目的としたトータルソリューションについては、市場で高いシェアを誇り、その実績と信頼性が評価され、「変なホテル」開業当初から主力商材である「自動精算機」が導入されております。
 今般、第2号となる「変なホテル舞浜東京ベイ」においても、引き続き「自動精算機」を導入いただくことに加え、新製品である電子宿泊台帳であるSignUpのソリューション群を採用いただいており、更なる効率化の促進、ひいては顧客満足向上にむけての展開を図ります。

導入ソリューションについて

 アルメックスの特長である「汎用度の高い設計・カスタマイズ性」を活かし、受付ロボットやホテルシステムと連携・接続し、チェックイン受付から支払い、ルームキーの排出までをフロントスタッフを介さず行えるシステムソリューションが実現するとともに、ホテルスタッフの業務省力化、インバウンド観光客への対応、宿泊台帳管理の簡略化などにも寄与いたします。

電子宿泊台帳 SignUp(サインアップ)
http://www.almex.jp/hs/products/lobby/signup.html
その他ホテルシステム系ソリューション
http://www.almex.jp/hs/products/

アルメックスの今後の展望について

“テクノホスピタリティを世界へ”

 医療機関やビジネスホテル、レジャーホテル、飲食店、ゴルフ場など既存市場におけるシェア拡大はもとより、本件リリースに代表される受付等などのオペレーション効率化を求められる世界中の方々に Technology×Hospitality を提供してまいります。

 また、カプセルホテル・ホステル・民泊施設を運営される事業者への専用製品の提供(http://www.almex.jp/products/e-stay/)、Ai・ロボットを活用した製品開発やFintechへの取り組みなど、真の“トータルソリューションカンパニー”を目指すべく邁進してまいります。

アルメックスの製品群を活用して既存オペレーションの効率化をご検討されている方は、下記よりご連絡下さい。
問い合わせフォーム:https://www.almex.jp/partner/inquiry/
ホームページ:http://www.almex.jp

参考

変なホテル舞浜東京ベイ
運営会社:H.I.S.ホテルホールディングス株式会社
ホームページ:http://www.h-n-h.jp/maihama/

変なホテル(ハウステンボス)
ホームページ:http://www.h-n-h.jp/
※変なホテル(ハウステンボス)への製品導入についてはアルメックスHPの特集記事をご参照ください。
http://www.almex.jp/hs/case/episode05.html

問い合わせ先

【本件製品等に関するお問い合わせ】
株式会社アルメックスホテルシステム事業部担当:西村
Mail:nishimura-a1@almex.jp
電話:03-6820-1470 / FAX:03-6741-4608

【報道関係者からの問い合わせ】
株式会社アルメックスコーポレート管理室担当:小林
Mail:public-relations@almex.jp
電話:03-6820-1411 / FAX:03-6741-4647