調査
調査
ヘアサロンのBGM

更新日:2019年9月30日

アンケート調査
~ヘアサロンのBGM~

「居心地の良いBGMの音量に関する研究(ヘアサロン編)」に参加した女性を対象に、ヘアサロンの環境やBGMに対するアンケート調査を実施しました。多くの人に居心地が良いと感じてもらうにはどのような環境が良いのでしょうか。

設問 ①
普段行くヘアサロンではどんなBGMが流れていますか。(複数回答)

グラフ01
<ジャンル不明>
・静かな音楽。オルゴールのような感じ
・ピアノのゆったりした音楽
・静かめの、あまり耳に入ってこないインストゥルメンタル


皆さんの行かれているヘアサロンでは、どのようなBGMが流れているでしょうか。こちらのアンケートでは洋楽が最も多い回答となっていますが、一口に洋楽と言ってもテンポや雰囲気は様々です。ヘアサロンの雰囲気によってBGMも異なってくるでしょう。ヘアサロンとBGMの雰囲気については研究ページに記載がありますのでぜひのぞいてみてください。

設問 ②
どんなときにBGMが聴こえると感じますか。(複数回答)

グラフ02
<その他>
・ガヤガヤしているので、印象にない
・BGMがないところがなく、当たり前なので、わざわざ気にしたことはない


ヘアサロンではドライヤーの音など、大きい音も多く聴こえてくるため、常にBGMが聴こえているわけではないでしょう。最も回答の多かった施術の待ち時間は、美容師さんが常にそばにいるわけではありませんし、何もすることがない状況になることもあるため、自然と耳がBGMを捉えるのではないでしょうか。

設問 ③
ヘアサロンにBGMはあった方が良いですか。それはなぜですか。(複数回答)

グラフ03




あった方が良いという回答が過半数を占めました。では、その理由はどのようなものでしょうか。

グラフ04
<その他>
・一人のときは、良い曲があると歌詞を調べて曲名を調べたり、暇つぶしになる。流行っている音楽はわざわざ買わないが、1曲まるまる聴けると得したと思う
・美容師さんと話し続けるのも疲れるので、音楽が聴こえていると、そうしなくてもいられるから


「リラックスできる」という回答が最も多く、ついで「無音だと気まずい」、「ドライヤーの音が気になる」、「(BGMがあると)周りの声が気にならない」、などの回答がありました。前問のどのような時にBGMが聴こえるか、という設問の回答の中に、「会話がとぎれたとき」というものがありました。会話がとぎれたときにBGMがないとシーンとしてしまいますよね。その気まずさを和らげるためにもBGMが必要だと考える人が多くいるのでしょう。
ですが、BGMもただ流せば良いというわけではありません。音が大きすぎても小さすぎても快適とは言えませんよね。BGMの音量について、気になるポイントはどういったところなのでしょうか。

設問 ④
BGMの音量について気になることは何ですか?(複数回答)

グラフ05


最も多かった回答は、周りの音とのバランスです。ヘアサロンでドライヤーの音や、シャンプー台の水音など、様々な音で溢れている上、ドライヤーなどは結構大きな音がするものですよね。そんな環境の中で、BGMの音量は小さいと全く聴こえないし、ドライヤー中でも聴こえるほど大きくすると他のお客様にとってはうるさく感じるでしょう。そのバランスがうまく取れると、必要なときに良い働きをしてくれるのではないでしょうか。

設問 ⑤
普段よく聴くのはどんな音楽(ジャンル)ですか?(複数回答)

グラフ06


普段聴くジャンルは「J-POP・邦楽ロック」が多く、ついで「POPS・洋楽ロック」、「K-POP」と続きました。やはり、いわゆる流行の音楽が人気ですね。では、ヘアサロンでも流行の音楽を流すのがふさわしいのでしょうか。

設問 ⑥
ヘアサロンではどんなジャンルのBGMが流れていると良いと思いますか。

グラフ07
<その他>
・歌のない、知らない感じの曲が良い
・無印良品のような穏やかな音楽
・オルゴール、ディズニーのゆったりした曲など、癒される音楽


前問とは打って変わって、最も多かった回答は「ヒーリング」でした。ヘアサロンには、リフレッシュが目的で来ている方も多く、落ち着いてゆっくりとした時間を過ごしたい、ということでしょう。ついで「ハワイアン」も挙げられていますが、ハワイアン系の音楽も南国のリゾート感があり、リラックスできそうですね。前問の普段よく聴く音楽ジャンルとして挙げられたジャンルとはかなり異なっていることがわかります。もちろん自分の好きな音楽を聴くことでリラックス、リフレッシュできるということもあると思いますが、ヘアサロンで求められるのは、このグラフのような音楽ジャンルということですね。





※本アンケートは、「居心地の良いBGMの音量に関する研究(ヘアサロン編)」に参加した、実験当日より3か月以内にヘアサロンでカラーリングやパーマをかけたことのある20~40代の女性22名を対象としたものです。

調査記事一覧はこちらリンクアイコン